お客様の声はこちら

サーチコンソールの使い方

Googleサーチコンソールでできること

・検索パフォーマンス(表示回数、順位、クリック数など)を知ることができる
・自分のサイトに向けて貼られているリンクを把握できる
・構造エラー等のバグチェックができる
・サイトの表示速度を計測できる
・サイトのスマホ対応ができているかどうかのチェック

実は『URL検査ツール』がめちゃめちゃ使える

Googleの検索エンジンにキーワード登録されることをインデックス(index)されるといいます

インデックス(index)されるとGoogleのキーワード検索に引っかかるようになります

インデックス(index)されるためには、クローラーというGoogle社の情報を集めているロボットに自分のサイトに来てもらう必要がありますが、なにもしないといつまでたっても来てくれない

でも、このURL検査ツールを使うと強制的にクローラーを自分のサイトに呼ぶことができます!!

というのが今回の内容だす。

Googleサーチコンソールの登録方法

①Googleで、「サーチコンソール」と検索して、Googleサーチコンソールのページを開く

②「今すぐ開始」をクリック

③Googleのログイン画面がでるので、自分のGmailアドレスを入力して「次へ」をクリック

④トップ画面左上の「プロパティを検索」から「プロパティを追加」する

⑤プロパティタイプの選択ウインドウが開くので、URLプレフィックスの欄に自分のサイトトップページのURLを入力して「続行」をクリック

⑥所有者の確認ウインドウが開くので、「その他の確認方法」の中にあるHTMLタグをクリック

⑦右側にある「コピー」をクリック

⑧どこかメモ的なものに貼り付ける

⑨content=の後ろの”と”の間だけをコピーする

⑩自分のサイトのダッシュボードを開く

⑪cocoon設定→cocoon設定を開いて、「アクセス解析・認証」を選ぶ

⑫Google Search Consoleの入力欄に⑨でコピーしたタグを入力して「変更をまとめて保存」をクリック

⑬Googleサーチコンソールに戻って「確認」をクリック

『URL検査ツール』を使ってみる