お客様の声はこちら

「木彫りセラピー」モニター参加募集中

こんにちは、フントフントの清峰です。
わが家のアルも今年で13歳。パピーかっ!!って思うくらい元気いっぱいのアルですが、やはり飼い主としてはそろそろ年齢が気になりだします・・・

アルにもしものことがあったらどうなるの?どんな気持ちになるのだろう?なんて考えたりもします。
3頭に1頭の犬がシニアという現代、ペットロスなんて言葉もよく聞くようになりました。

ペットロスとは、ペットと死別したり、行方不明、盗難などでペットを失ったことをきっかけに発生する疾患であり。
精神症状だけでなく、身体症状を伴う場合もあるそうです。

そんな折、僕が心理学を勉強した母校である「日本メンタルヘルス協会」の先輩であるサトウツトム氏が愛犬(愛猫)を亡くした方を対象としてステキな活動をされていると聞いたので、お話を伺ってきました。

木彫りセラピー

木彫りセラピーとは、虹の橋を渡ったワンちゃん、ネコちゃんのことをお話ながら、木彫り作家で心理カウンセラーのサトウツトム氏と一緒に作品を完成させる心理セラピーです。
皆さんご自身の愛犬をモチーフに作品を作ります。

木彫りセラピーに参加して期待できること

ペットが亡くなってしまった心のストレスを、木を彫るという(静なる情動発散)行為によって軽減することができる

同じペットを亡くされた方々だけが集まる場所という事で、共通の話題、想いもあり、それをシェアすることで受容と共感が得られる。また、参加者さん同士の繋がりもできる。

作品が完成したときに達成感、充足感が得られる。

日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー、サトウツトムが講師を勤めるので安心して作品を制作、完成させることができる。

木彫りすとサトウツトム氏

木彫りすと×心理カウンセラー サトウツトム

・江戸伝統木彫 浅草 宗舟三代目 横谷光明氏 に師事し、その後、独自の木彫りを展開
・日本メンタルヘルス協会、公認心理カウンセラー
・さいたま市浦和区にある自身の工房やドッグカフェWithDog(西川口)、よみうりカルチャー川口での木彫り教室、関東圏各所でのワークショップを運営

Facebook instagram

木彫りセラピーってどんなことするの?

実際にどんなことをするのか?工程を聞いてきました。


まずは木材を選ぶところからスタート!
80mm×80mm×150mmの木材から掘り出して上の写真のような直立スタイルの作品を作ります。
使用するのは仏像彫刻などで多く使用される樟(くす)という木だそうです。


作品のイメージを手書きで確認します。


手書きイメージを元にサトウツトム氏(以降トムさん)がおおまかなカットをしてくれます。


いよいよ参加者の出番です。
イメージの絵を見ながら彫刻刀を使って少しずつ彫っていきます。


道具も本格的!彫刀晟というものでトムさんも愛用しているそうです。


どんどん完成に近づいて行きます。


色付けをして完成!!これ一般の方が作った作品だそうです!
私は器用じゃないから・・・・という方も大丈夫。大事なポイントは参加者の方がやりますが、途中途中でトムさんはしっかりフォローしてくれるそうです(^^


前回開催時の様子

モニター募集中

この木彫りセラピー、トムさん的にはまだ発展途上だそうです。
参加してくれた飼い主さん達の声をもとにもっともっと素敵なものに進化させたいとのこと。

ということでモニターを募集しているそうです。詳しくは下記の次回開講予定をご覧ください。

次回開講予定

2月24日(土)・3月24日(土)・4月28日(土)・5月26日(土)の全4回
※彩色までご希望の方は6月23日(土)の一コマ分がサービスになります。

時間 13:00~15:30
場所 木彫りすと工房(JR浦和駅東口徒歩8分)
対象 過去に大切なペットを亡くされたことがある方
費用 48,000円 → 24,000円
今回はモニター募集ということでモニター料金で参加できます
※モニターの方は参加後にアンケートにご協力いただきます。

モニター参加を希望する方はこちらのメールに参加希望の旨をお送りください。

kiborist@gmail.com

まとめ

愛犬をモチーフにした作品を作ることで、愛犬のことをたくさん思い出します。
こんな色だった、こんな特徴がある、こんな子だったよね、一緒にでかけたこと、困ったこと、たくさんの思い出。
愛犬を失ったときのつらい気持ちを思い出してしまう方もいるそうです。
しかし、全4回のセラピーを進めていくうちに、心の変化が訪れるそうです。
愛犬を失うことの受入れ方は人によって様々なので、このセラピーで感じることも様々だと思います。

参加者同士で愛犬の話をしたり、トムさんと話をしてみたり、木を彫ることで無になってみたり。
ペットロスを克服するきっかけになるかも知れません。

トムさんのお話を聞いてみて、とても共感できたのでご紹介させていただきました。
「知り合いを紹介したい」などありましたら清峰携帯もしくはお問合せフォームからご連絡ください。