お客様の声はこちら

犬を飼いたいと思ったら|どこから犬を迎えるかということ

犬を飼いたい。と思ったらどこから犬を迎えたらいいの?というお話です。

犬を入手する先には、ペットショップ・ブリーダー・動物保護施設(保健所やボランティア団体など)などがあるかと思います。それぞれの特徴、メリットデメリットについて説明します。

ペットショップから犬を迎える

一般の方なら、最も身近なのがペットショップだと思います。
しかし、ペットショップで売られている犬達の環境は様々です。

ペットショップを選ぶポイント

・犬の居場所が清潔か
・子犬同士で遊ばせているか
・店員さんの犬達への接し方(抱き方、ブラッシングなどが雑ではないかなど)
・適正な値段なのか?安すぎはしないか?

ペットショップから犬を迎えるメリット

 

・一度に数十種類の犬を見比べることができる
・購入直後に判明した病気や病死に対する保険・補償がある
・まれに犬や人などへの社会化がばっちりな犬がいる

ペットショップから犬を迎えるデメリット

・社会化ができていないことが多い
・両親、生まれてからの飼育環境が確認ができない
・1匹ずつで売られていることが多いので性格がわかりにくい

ブリーダーから犬を迎える

ブリーダーも最近は一般的になってきたようで、インターネットなどで検索をするとたくさんのブリーダーを見つけることができます。
しかし、ブリーダーも様々です。特定の犬種を専門的に、愛情を持って育てているところ、繁殖工場(パピーミルといいます)のように大量繁殖しているところもあります。

ブリーダーを選ぶポイント

・特定の犬種に特化している
・子犬や両親に会うことができる
・施設が清潔(もちろん見学できる)
・どんな質問をしても快く答えてくれる
・その犬種に詳しい
・その犬種のデメリットを説明してくれる
・動物取扱業の登録がされている

ブリーダーから犬を迎えるメリット

・両親の性格を確認できる
・ペットショップよりも安い
・両親の元で社会性をやしなっている
・性格のアドバイスなどを受けられる

ブリーダーから犬を迎えるデメリット

・良いブリーダーを選ぶのがむずかしい
・遠い場合受け取りが大変
・いつでも子犬がいるわけではない(逆にいるところは要注意かも)

動物保護施設から犬を迎える

保健所や動物愛護センター、保護団体など、飼い主がいなくなってしまった犬達を保護している施設があります。
このような施設にも、新しい飼い主さん(里親)を待っている犬(保護犬)がたくさんいます。

この保護犬の里親として犬を迎えるという方法、実は一番おススメかも知れません。(個人的な意見ですが)

動物愛護施設から犬を迎えるメリット

・トライアルとして一定期間預かることができる
・成犬の場合、性格を知ったうえで迎えられる
・命を救うことができる
・ワクチン料等最低限の金額だけで迎えられる

動物愛護施設から犬を迎えるデメリット

・血統書が付いていない
・年齢がはっきりわからない
・希望の犬を探すのがたいへん
・病気や病死に対する補償がない

まとめ

今回は、犬を迎えるならどこから?というお話でした。
正直2~3ヶ月頃の子犬はかわいいと思います。しかし、子犬を育てるということの大変さもあります。

本やインターネットで情報があふれる現代において、正しい知識を持って子犬を育てるというのはとても難しいように思えます。ちょっとした飼い主さんの行動から、人を怖がって噛むようになってしまったりするケースもたくさんあります。

・性格やサイズがわかっている犬を迎えられる
・トライアルで自分や同居犬との相性を見てから迎えられる

この2つだけでも、保護施設から犬を迎えるという選択をする理由として十分すぎると思います。
デメリットもあってないようなものですし・・・

もちろんペットショップやブリーダーから犬を迎えるのがダメというわけではありません。でもその場合は必ずプロのトレーナーのお世話になることをおススメします。1歳までどうやって過ごしたか、それによってその後の犬との暮らしがまったく違ったものになりますよ。