お客様の声はこちら

犬の社会化期はとっても大事!この時期に犬の性格が決まると言っても過言ではありません

社会化

こんにちは、フントフントの清峰です。

今日は犬が成長する過程、その中でもとっても大事な時期である「社会化期」について説明してみたいと思います。

社会化期とは、生後1ヶ月~3ヶ月頃(正確には3週齢~12週齢)の期間のことを指します。
社会化期は犬が、人や他の犬、他の動物から無機物まで、あらゆるものに慣れるのに適した時期なのです。
犬は、生後約1年で成犬になりますが、その中で犬の性格や精神面、ストレス耐性などに影響するのがこのたった数週間なのです。

犬の成長過程

子犬が産まれてから成犬になるまで、大きく分けて5つの段階を経て成長していきます。それぞれの時期の特徴を書いてみます。

新生児期(出生~2週齢頃)

まだ目も開いてなく、耳も聞こえてません。肌で感じる感覚(触覚)など、母乳にたどり着くための一部の感覚しか機能していません。おしっこやうんちも自分でできないのでお母さんに助けてもらって排泄をします。

移行期(2週齢~3週齢頃)

この時期は脳が急速に発達する時期です。
視覚や聴覚などの感覚が発達し始め、外部からの刺激に反応するようになります。
おしっこやうんちも自分でできるようになり、兄弟姉妹とのじゃれ合ったり、しっぽを振ったりするようになります。

社会化期(3週齢~12週齢)

好奇心がピークになるのがこの社会化期です。警戒心はまだあまり芽生えていないので色々なものに慣れるのに最適な時期なのです。この時期にネコやサルなど他の動物と一緒に過ごした経験をしていると成犬になっても仲良くできます(^^

脳の中にある恐怖をつかさどる部分である扁桃体(へんとうたい)と呼ばれる部位が未発達なため、社会化期には旺盛な好奇心が生まれると言われています。

若齢期(12週齢~6ヶ月齢)

社会化期が過ぎ、今度は警戒心が芽生えてきます。この時期に好奇心と警戒心が逆転するため、初めての場所や初めての人・犬(他の動物も)、初めての出来事などに警戒心、恐怖心を感じるようになります。
身体も成長し、運動の能力が発達する時期でもあります。

性成熟期(6ヶ月齢~12ヶ月齢頃)

性的に成熟を迎える時期。交配・出産が可能になる時期です。
オスは足をあげておしっこ(マーキング)をしだし、メスはヒートが始まります。

社会化期がとっても大事な理由

では、なぜ社会化期がそんなに大事なのか?社会化期にはすごくたくさんの事を学ぶのです。
逆に、社会化期に学ぶべきことを成犬になってから教えようと思うとかなり大変です。

社会化期にはこんなことを学習します。

犬同士の会話を学ぶ

仔犬たちは、社会化期に母犬や兄弟犬とたくさん遊びます。この遊びのなかで、相手の仕草などから犬同士の会話を身に付けることができます。
この時期に他の犬と関わる経験がないと、犬語が話せない犬になってしまうんです。

噛む力の加減を覚える

兄弟犬との遊び、喧嘩を通して、お互いにどのくらいの力で噛むと痛いのかを体験します
また、強く噛んでしまうと相手が痛がって遊んでくれなくなってしまうという経験から噛む力の加減も覚えることができます。

人や他の犬に慣れる

この時期に出会った相手にはすぐに慣れることができます。
逆に言えば、この時期に色々な人や犬に接触しないでいると、飼い主さん以外の人や他の犬を怖がるようになります。

社会化期に何をしてあげたら良いのか?

社会化の視点から、生後8週齢までの子犬は売るのをやめましょう!母犬や兄弟犬と一緒にいさせてあげましょう!という動きが出ています。しかし、実際にペットショップなどで流通している犬は残念ながらもっと早くに母犬や兄弟犬と離され、犬同士のコミュニケーションを学ばないまま、皆さんの家庭にやってくることがほとんどです。
つまり、犬を迎えたら飼い主さんが社会化を手伝ってあげる必要があるということですね。

では、具体的にどんな事をしてあげたら良いのでしょう?

外の世界に触れる機会を作ってあげましょう

大事な社会化期に家の中にばかりいると、外の世界が怖い物だらけになっちゃいます。
抱っこやカートでのお散歩など、とにかくたくさん外の世界に触れる機会を作りましょう。

車や電車の音、商店街の賑わい、人の話し声、踏切、飛行機やヘリコプターの音、クラクション、犬が一生のうちに出会うであろうあらゆるものに触れる、聞く機会を作ってあげましょう。雷の音なんてのもありますね。

人との接触は特にたくさん必要

男性、女性、子供、お年寄り、太った人、やせた人、制服を来た人や帽子を被っている人など、とにかくあらゆる人に合わせてあげましょう。
僕たち人間からすると、太っていようが痩せていようが帽子を被っていようが人は人なんだから一緒じゃんと思ってしまいますが、犬はそうはいかないのです。例えば女性の飼い主で、会う人は女性ばっかり、なんて環境で社会化期を過ごすと男性は苦手になったりするケースも多々あります。
飼い主さんやお友達が色々な格好をするなどでもOKです。とにかくあらゆるパターンの人に合わせましょう。おやつやフードを1粒もらうなんてのができるとさらに良いです。

犬同士でも社会化が必要

犬同士ならなにもしなくても仲良くできるでしょ!っとついつい思っちゃいますがこれも間違えです。
犬というのは、人間が決めたカテゴリーであり、犬からすると全く違う認識になります。
例えば、チワワは、ゴールデンレトリーバーを同じ種だと認識できるでしょうか?答えはNOです。
犬同士でもしっかり社会化が必要です。大きな犬、小さな犬、毛が長い短い、黒い犬、白い犬、短足な犬やマズルが短い犬などいろんなタイプの犬に会わせてあげましょう。

できれば、会わせるだけでなく遊ばせてあげたいところ、この時期にたくさんの同年代の犬とコミュニケーションをすることによって噛む力の抑制や犬同士の会話ができるようになります。

とはいえ普通に生活しているとそんなにたくさんの犬とは遊ぶ機会がありません。
そこで頼りたいのが犬の保育園やパピーパーティーなどです。詳しくは 犬のしつけ教室をおすすめする理由 をご覧ください。

その他にも社会化は必要です

掃除機や洗濯機、テレビやドライヤーなど家の中にも社会化が必要なものはたくさんあります。
日常的に使用するものから飼い主さんの趣味にしようする道具など、一緒に暮らしていくなかで犬が出会うであろう、思いつく限りのものに触れる(見る、音を聞く)機会を作りましょう。

ブラシやドライヤー、爪切りなど犬の身体に触れるであろう様々なものもこの時期から慣らしてあげましょう。

いつも置いてないものがいきなり部屋にあったりすると犬がビックリすることがあります。遠巻きにしたり、吠えてみたりするかも知れません。
そんなときは、焦らず犬に任せてみて下さい。犬が自ら近づいて、「なんだ~、別になんでもないじゃん」と犬のペースで納得させてあげることも重要です。くれぐれもむりやり近づけたりはしないこと。

ワクチン接種と社会化という問題

社会化期の子犬にとって他の犬や外の世界との接触が大事なのはわかっていただけたと思います。
しかし、ここで問題になるのがワクチンの問題です。社会化期は免疫力が弱い為、感染症にかかりやすい時期でもあります。

社会化的に言えば、とにかくたくさんの犬や外の環境に接触するのがベスト
感染症的に言えば、たにかく他の犬や外の環境に接触させないのがベスト

この問題を解決するのが抱っこ散歩です。抱っこ散歩では、他の犬とコミュニケーションを取ったり、自分の足で地面を歩いたりという経験はできません。しかし、見たり音を聞いたり、他の犬の存在を感じることも立派な社会化です。

ワクチン摂取が終わるまでは抱っこ散歩を沢山、ワクチンが終わったら大急ぎで他の犬と遊ばせてあげましょう。パピーパーティーなどでも参加条件が違う場合がある(ワクチンが3回終わってなくてもOKなど)ので問い合わせをしてみるのも良いと思います。

まとめ

今回は、社会化は大事だよ!!っていうお話でした。
少し大変に感じるかも知れませんが、このたった数週間で10年以上一緒に暮らす犬の一生がまったく違ったものになります。
社会化をしっかりしてあげれば、怖い対象が減り、不要なストレスを受けずにすみます。吠えや攻撃行動などの困った行動の予防にもなります。

社会化期、子犬を迎えたらこの数週間は子犬の為にだけに時間を使ってあげてください。と言っても言い過ぎでないと思います。